いまひとたびと、なく鵺に 陰陽師・安倍晴明

著者:結城光流 イラスト:伊東七つ生

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    化生の血を引き、類い希なる力を持つ陰陽師――安倍晴明。ある日門邸の前で行き倒れていたのは、黒光りする大刀を携えた少年だった。彼はしきりに「鵺が追ってくる」とうわごとを繰り返し…? 新説・安倍晴明伝第4弾!

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/04Posted by ブクログ

      神将の出番もそれほどなく、鵺のまがまがしい雰囲気で1冊引き延ばした印象。テーマは父子の言葉の足りなさ。冒頭の蛙エピソードは鉄板ネタか。

    • 2016/10/03Posted by ブクログ

      少年陰陽師番外4冊目。
      12神将出るキャラが決まっていて、本編を知らないからみんな覚えられていない。
      購入した本なら1巻に戻ればいいのだろうけれど。
      言葉足らずのすれ違いは誰にでも起こりうることなので...

      続きを読む

    セーフモード