フットボールネーション 5巻

大武ユキ

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    次戦の天皇杯3回戦は、J2湘南ウェイブズとの対戦。東京クルセイドの守備陣は、ゴールキーパー・イワンのコーチングのなさに最大の不安を感じていた。湘南ウェイブズは、新加入の外国人フォワード二人と左サイドバックが活躍し、J2で好成績をおさめているチーム。一方、以前は湘南ウェイブズに所属していた鳥海は、かつてベンチ外からスタメンで活躍するその姿を歯噛みしながら見ていた司令塔・秋庭匠が、今は湘南のチーム内で冴えない存在だと聞かされて……(科学指導:高岡英夫〈運動科学総合研究所〉)

    続きを読む
    • フットボールネーション 全 14 巻

      未購入巻をまとめて購入

      フットボールネーション 全 14 巻

      8,470円(税込)
      84pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/31Posted by ブクログ

      天皇杯で東クルはいよいよJ2チームと対戦。審判も、まっとうな審判=好意的に描いてあって、それだけでも安心して読める。J1からJ2に降格したチームを身近に見ているだけにシャレにならない部分もある。試合後...

      続きを読む
    • 2016/05/11Posted by ブクログ

       湘南戦をメインに据えた5巻である。まだまだJ2のチームを相手に戦うぐらいでは、ドラマ性のある展開は生まれないようで、なかなか淡白に試合は展開している。
       今回の啓蒙している内容は頭の軸が垂直に保たれ...

      続きを読む
    • 2014/07/26Posted by ブクログ

      最近この本読んでます。

      次くらいで終わるのかな。

      やっぱりセントラルMFが重要だよねって、再認識。

      まあ、ジャイアントキリングほどの熱さはない。

    開く

    セーフモード