フットボールネーション 4巻

大武ユキ

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

天皇杯2回戦・RSユース戦で、東京クルセイドは前半“誤審”を恐れ「撃たせて捕る」作戦を展開。しかし、弱点・右SBを相手の10番に衝かれ、千尋がナイスカバーをするが、ファウルを取られ、FKで1点を先取される。だが、高橋監督は余裕の表情でゲームの成り行きを見ていた。そのまま前半終了後、高橋は、千尋の能力の一端が幼いときからの「イメトレ」によるものだと知るが…。そして、後半開始早々「東クル」はいきなり――!!

続きを読む
  • フットボールネーション 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    フットボールネーション 全 15 巻

    9,075円(税込)
    90pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(8件)
  • 2016/05/05Posted by ブクログ

     四巻ではRSユースとの対戦を終え、またサッカーを学ぶ回に入っている。ユースの田之上やSBの遊佐などにスポットが当たっている形だろうか。
     こうして育成年代の選手がサッカーの楽しみを学びなおすようなシ...

    続きを読む
  • 2017/08/31Posted by ブクログ

    気付けば午前0時を回っていた。理屈っぽい台詞回しだが、東クルと対戦する選手の違和感を説明するには必要なことかも知れない。本巻前半ではレフェリーの技量不足に言及しているが、自分が審判員であるため、天皇杯...

    続きを読む
  • 2014/07/23Posted by ブクログ

    4巻目読了

    対戦相手だった選手に、体幹の素晴らしさを教えるのは、なんだか敵を味方にする漫画みたいで面白い

    うんちくが、ウザいって人もいるが、この程度ならOKな気がする

開く

セーフモード