組織の思考が止まるとき 「法令遵守」から「ルールの創造」へ

郷原信郎

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

ルールに縛られ硬直化した、日本の官庁・企業の問題に鋭く迫る大作。大阪地検特捜部で起きた証拠改ざん事件とその不祥事対応の分析から、検察の組織的問題を追及する。著者のコンプライアンス論の集大成、変化の激しい時代に生きる、組織人必読の一冊。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード