【最新刊】探偵・日暮旅人の残り物

探偵・日暮旅人

10冊

著者:山口幸三郎

759円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    目に見えない物を“視る”力を持った探偵・日暮旅人の物語、番外編の第2弾。旅人を『アニキ』と慕うユキジ。複雑な雪路家の家族の形を描く――『雪消の隘路』。いつもクールな仕事人間、増子すみれ刑事の意外な休日とは――『花の夕影』。「探し物探偵事務所」に秘められた、秘密の物語――『ひだまりの恋』。本編で語られなかったエピソード3本に加え、花まつりを舞台に起こる事件を、主要人物総出演で描く長編『祭りのあと』を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/25
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.5
    373
    5
    42
    4
    155
    3
    159
    2
    15
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/11/15Posted by ブクログ

      この評価は僕が悪い。この小説はシリーズ物で、読んだのが最後の番外編だったので、予備知識も何も無く読んでも意味不明だった。
      シリーズ物でも通常は、それぞれが独立した話になっていたとしても、この作品は流石...

      続きを読む
    • 2019/10/15Posted by ブクログ

      このシリーズに出会うことが出来て、本当によかった。それしかこのシリーズを讃える言葉が思いつかない。


      雪路の継母に対して、どうしてかいいイメージを持っていなかったけれど、勝手にそんなイメージを持って...

      続きを読む
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

       前から知ってはいましたが、なかなか読む機会がなくて…。
       でも読み始めたら、ああ、何でもっと早く読まなかったかなぁと思いました。
       番外編まで全部、読み尽くしました~。
       旅人が犯人だとか言われた、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード