【最新刊】ツ、イ、ラ、ク

ツ、イ、ラ、ク

著者:姫野カオルコ

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地方。小さな街。閉鎖的なあの空気。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々--。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人たちへ贈る、かつてなかったピュアロマン。恋とは、「墜ちる」もの。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/17
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(74件)
    • ツ、イ、ラ、ク
      2017/10/24

      2008/1/11 読了
      426ページ

      一人の女性の、小学生2年生から中学生までと34歳の恋愛を書いた作品。
      田舎の、すぐに噂が広まるような閉鎖された感覚と、そこで育っていく同級生。
      ものすごく密度...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ツ、イ、ラ、ク
      2005/09/11

      こういうジャンルの本、わし初めてでした。
      恋愛小説?
      男女の情事とかって、別に読まずとも・・・と思ってしまい読まず嫌いで、昔からずっと歴史小説とか社会小説とかに没頭して、ずっと避けてきてました。
      でも...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ツ、イ、ラ、ク
      2004/09/30

      物語の中心をなすのは田舎の中学に通うなげやりで少しさびしげで大人びた少女・隼子と中学教師・河村の関わりだ。 それは恋なんかではなく、「ヤって犯ってヤって犯ってヤって犯ってヤって犯って」(原文から引用)...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード