【最新刊】「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

著者:小阪裕司

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    売れないのは商品や価格のせいではなく、売り方のせいだ。マーケティング理論と脳科学の進歩でわかった「買いたくなる仕組み」の作り方。四千社以上での実践から得た具体例も満載!本書を読めばあなたにもできる!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/17
    連載誌/レーベル
    角川oneテーマ21
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 「買いたい!」の...2010/02/02Posted by ブクログ

      脳は不況を知らない
      脳は景気に関係なく、モノやサービスを買いたくなったり、ならなかったりする

      2つのハードル論
      1つ目のハードル:買いたいか?買いたくないか?
      買いたくないものは、いくら安くなっても...

      続きを読む
    • 「買いたい!」の...2010/05/19Posted by ブクログ

      漠然と考えていたことではあるけど、この本を読んで具体的に理解できたので良かった。
      たまに考えたことをメモったりしてるけど、その総量自体が少ないとは認識していたのでこれから増やしていきたいと思う。
      また...

      続きを読む
    • 「買いたい!」の...2010/08/13Posted by ブクログ

      201008/
      顧客が「買う」までの2つのハードル:第1は「買いたいか買いたくないか」、そして第2に「買えるか買えないか」/
      「エモーション・ド・テロワール、天才醸造家がフランス政府に逆らってまで作っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード