【最新刊】消費税か貯蓄税か

消費税か貯蓄税か

白川浩道

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    消費税増税は百害あって一利なし!景気回復と財政健全化の二兎を追う「貯蓄税」を導入せよ!消費税の引き上げは、疲弊している消費をさらに疲弊させ、経済を萎縮させる。貯蓄税は、消費や所得(フロー)ではなく、余っている富裕層の貯蓄(ストック)に課税する。お金を使うことに罰を与える消費税とは逆で、お金を使わないことに罰を与え、消費を刺激する税制なのだ。気鋭のエコノミストの大胆提案!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/31

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/09/30Posted by ブクログ

      企業収益が上がらず、個人所得も低下の一途をたどるなかでフローの所得税ではなくストックである貯蓄に税を掛けて、消費を刺激し景気を上昇させようという提言。内需の中心である消費を更に冷え込ませる消費税引上論...

      続きを読む
    • 2019/11/09Posted by ブクログ

      普通。割とタイトル通り。
      財政緊縮のパラドックスはそのとおりだが、リフレ派ではない。

      三面等価の原則に基づきプライマリーバランスを健全化するための方策として消費税か、貯蓄税か、という議論であれば大い...

      続きを読む

    セーフモード