【最新刊】沈黙のフライバイ

沈黙のフライバイ

野尻抱介

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、JAXAの野嶋と弥生はそれが恒星間測位システムの信号であり、異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する――静かなるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジョンを描く表題作、一人の女子大生の思いつきが大気圏外への道を拓く「大風呂敷と蜘蛛の糸」ほか全5篇を収録。宇宙開発の現状と真正面から斬り結んだ、野尻宇宙SFの精髄。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/17
    連載誌/レーベル
    ハヤカワSF・ミステリebookセレクション
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    40
    5
    11
    4
    13
    3
    15
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/29Posted by ブクログ

      これぞ本当のSFという気がした。
      伊藤計劃さんのような淡々とした作風も好き。

      この中で一番好きなのが「轍の先にあるもの」。
      フィリップ・K・ディックの「シビュラの目」に近い作品。
      主人公にとっては偶...

      続きを読む
    • 2012/09/26Posted by ブクログ

      野尻 抱介 『沈黙のフライバイ』
      (2007年2月・早川文庫)

      「沈黙のフライバイ」
      十光年離れた赤色矮星から送られてきた無数の探査機群が太陽系を通過するイベントを描く。
      探査機を操る電波を解析し...

      続きを読む
    • 2013/11/05Posted by ブクログ

      ―――アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、
      JAXAの野嶋と弥生は異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する―静か
      なるファーストコンタクトがもたらした壮大なビジ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード