【最新刊】いじめ・自殺

いじめ・自殺

宮川俊彦

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもの「いじめ・自殺」問題がマスコミで大きく報道されるようになって30年が経過した。しかしまったく本質的な解決には近づいていない。「いじめはいけない」「いじめる子が悪い」「学校と教師が悪い」といった単純な善悪の決めつけや感情的な批判が繰り返されているにすぎない。そこから脱却すべきだ。親と教師のあり方次第では「いじめ」はいじめる側といじめられる側双方の子どもが自分を分析し変えていく機会になり得る。一方で教育全体や社会をつくり直すことも必要だ。今なすべきは、感情を排して冷静かつ論理的に考察することなのだ。27年前、すでにこの問題の真実を追究し世に衝撃を与えた『このままじゃ生きジゴク』の著者、渾身の提言!

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/11/30Posted by ブクログ

      現場からすると何言ってるんだっていいたくなることが含まれてる。それは結論を急ぎすぎるためにおこることかと。それほどまでにいじめは今、急務である。子どもを集団における社会化が確立されたうえで、牧歌的に育...

      続きを読む
    • 2013/10/04Posted by ブクログ

      教職とる人必読!!決して結論が出るわけではないテーマですが、一度は考えるべきテーマです。(院生アルバイトスタッフ)

    セーフモード