日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体

深尾葉子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    タガメとは田んぼに生息してカエルの生き血を吸う昆虫。高度成長期以後、日本の各地から田園風景が消える中、タガメの魂は女性たちに宿り、無抵抗な「カエル男」を箍(タガ)にハメて搾取している。すなわち「タガメ女」は「箍女」でもある。気鋭の研究者が、自らの研究過程やゼミ生からの証言をもとに、「専業主婦」「家事手伝い」という姿で女性が現代日本を支配する特異な現象を、ユーモアを交えて実証する。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    25
    5
    2
    4
    7
    3
    11
    2
    2
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2013/05/16Posted by ブクログ

      タガメは、田んぼでカエルを前足でがっちり押さえ、消化液を注入し、骨と皮になるまで吸いつくすと。それは、現代社会の女性にあてはまり、世の男たちはカエル男となって、タガメ女に吸いつくされていると。どんな人...

      続きを読む
    • 2013/05/07Posted by ブクログ

      昔から映画「Shall We Dance?」で手紙を読むシーンで心がゆさぶられて泣いてしまう。桐野夏生小説のグロテスクな社会のタブーを垣間見る面白さ。この感覚の根底にある社会の「箍」を、若干ラディカル...

      続きを読む
    • 2013/09/22Posted by ブクログ

      話題になっていたので、読んでみました。


      前半は、「いるいる、こういう人」と思いながら、面白おかしく読んでいましたが、後半は、根の深い社会問題であることに気づかされました。

      特に、子育て中の身にと...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000136371","price":"770"}]

    セーフモード