【最新刊】暗闇のレディ 【孤高の鷲 IV】

暗闇のレディ

ゲイル・ウィルソン 翻訳:仁嶋いずる

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    富豪の父の死によって生活が一変し、バレリーは困りはてていた。派手な生活を嫌ってひっそりと暮らしてきたのに大仰にもボディガードがやってくるなんて。手術跡の残る不自由な脚を哀れまれることにも、財産目当ての求婚者に言い寄られることにも、じゅうぶん傷ついてきた。もう誰とも関わりたくない……。バレリーは、目の前に立ちはだかるたくましい男性を見つめた。グレイと名乗る彼は、全身に危険なオーラを漂わせ、傲慢な態度をとりつづけている。こんな男性を信用できるわけがないわ!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • 1巻

      このシリーズ、順番を考えないで何冊も読んでいるので、ちらっと出てくる名前がどのお話のヒーローだったのか思い出せず…。結婚直前に婚約者が言った一言で心をズタズタにされ、婚約破棄したヒロイン。ヒーローが言...

      続きを読む
    • 1巻

      やっぱりこのシリーズが好きになれない。ヒロインは過去に財産目当ての婚約者に裏切られたと、世捨て人のように田舎で馬相手に暮らしてるけど、父が亡くなったら莫大な遺産が入ることは分かっていたことで、セキュリ...

      続きを読む
    • 1巻

      ヒロインとヒーローは、この「孤高の鷲」を1~5まで読んで一番好き。ヒロインはちょっと足が不自由だけど、自分の足でしっかりと歩いている。ヒーローはそんな"ガッツのある"ところに惹かれたんだと思う。そして...

      続きを読む

    セーフモード