結婚という名の契約

ルーシー・モンロー 翻訳:片桐ゆか

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    クロエは5年前、経営難に陥った父の会社を救うため、若き実業家アリストンと政略結婚をした。まるでビジネスの取り引きのような結婚だったが、相性は抜群で、クロエは彼に愛情を抱くようになっていった。ところが、策略家の父親が原因で二人は離婚してしまったのだった。その彼に、訳あってふたたび会社の救済を依頼するため、クロエは元夫のもとを訪ねた。2年ぶりに会うアリストンは相変わらずすてきだったが、クロエの頼みを聞いた彼は信じられない言葉を放った。「ぼくの子供を産んでほしい。ただし、妊娠するまでは単なる愛人だ」

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/08/13Posted by ブクログ

      二年前に離婚した政略結婚の夫アリストン・スピリダコウに、会社の為の妊娠するまでの愛人契約を持ちかけられたクロエは…。
      屈辱的な契約の雰囲気ではなく、互いに過去のすれ違いを自覚した二人がだんだん愛を認め...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000135230","price":"660"}]

    セーフモード