【最新刊】野性の火炎樹

野性の火炎樹

中上健次

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “オリュウノオバ”が住む路地裏にある七代のろわれた中本の家。そこに、突然生まれた肌の黒い子・マウイ。10歳で女を知り、中本の若衆に育ったマウイは、オリュウの謎のような言葉と中本の血の逆流に突き動かされ、故郷フジナミを棄て、欲望の巷へと向かう……。本書は、『異族』『千年の愉楽』の世界に新しい展開を試みた野心作であり、現代風俗を描き切った作者会心の青春小説である。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/10
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 野性の火炎樹

      中本の一棟で黒人との合いの子マサル=マウイの青春の物語。フジナミの市を出て東京で性と麻薬と拳銃の通過儀礼的遭遇を果たす。産婦人科の夏芙蓉に、老女らが幻視するオリュウノオバが語る浮遊感のある語りの枠組を...

      続きを読む

    セーフモード