表層批評宣言

蓮實重彦

1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈批評〉とは存在が過剰なる何ものかと荒唐無稽な遭遇を演じる徹底して表層的な体験にほかならない――どこまでも不敵な哄笑を秘めて蛇行する言葉の運動と、遊戯的な戦略に満ちた本書は「知」と「文学」の制度化=反制度化を徹底的にはぐらかすポレミカルな宣言集である。文庫版あとがき、およびその知られざる華麗な修業・遍歴時代を初めて明かした自筆年譜を附す。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/05/07Posted by ブクログ

      高校生のときに読んで、何と手厳しい本かと思いました。40を過ぎて読み直してみると著者が書くようにエンタテインメントとして楽しく読めました。文体は真似したくなるほど魅力的です。

    • 2004/09/27Posted by ブクログ

      書かれている内容よりも、ただ紙面を流れていくハスミ節に圧倒されよう。といいながら、読むたびにハスミンであった昔の自分を恥ずかしながら思い出す、ある意味、青春の一冊。

    • 2009/07/21Posted by ブクログ

      リアル本棚の一番左上の端にいつもある。
      大学時代に読んで「まえがき」にヤラレた。
      徹底的な表層批評は、書く側ー読む側の構造力学をシンプルにした。
      ナカミは、読まなくてもイイ。
      「まえがき」だけ読んでみ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000134905","price":"1155"}]

    セーフモード