ピクウィック・クラブ(中)

C.ディケンズ/北川悌二(訳)

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ピクウィック氏の旅は続き、裁判をはじめいろいろなごたごたに巻き込まれる。途中から仲間に加わったのが忠実な馬丁のサム・ウェラー。陽気な生粋のロンドンっ子できちんと世間の常識をわきまえ、ピクウィック氏を引き立てる名脇役だ。こんなお供の活躍を読むと『ドン・キホーテ』が思い出される。ドストエフスキーも「滑稽であるがために善良な人間」のタイプとして、ドン・キホーテとこの小説の主人公ピクウィックをあげている。物語はどこまでももつれながら広がってゆく。

    続きを読む
    • ピクウィック・クラブ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ピクウィック・クラブ 全 3 巻

      3,025円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    • 2012/04/07Posted by ブクログ

      『実業界を引退したゆたかな紳士ピクウィック氏は、素朴な人柄で、人間愛に満ちた人である。彼は行く先々で人を助け、悪をこらしめようと力をつくす。しかし、人がよすぎて、かえって失敗ばかり……。明るく楽しい笑...

      続きを読む
    • 2012/04/07Posted by ブクログ

      『ピクウィック氏は、そのもちまえの善意から、裁判をはじめ、ごたごたした事件にまきこまれる。もつれにもつれた糸は、はたしてどうとけてゆくのか……。〈ピカレスク小説〉のおもむきゆたかに、イギリスの一時代の...

      続きを読む
    • 2012/04/07Posted by ブクログ

      『ピクウィック氏は波乱にみちた遍歴を終わり、今は落ち着いた毎日である。体は少し弱っていても精神は若々しく人々の敬意を集めている…。すべてのいざこざも収まり、おだやかな雰囲気のうちに、このイギリス文学を...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000134899","price":"935"}]

    セーフモード