ねぼけ人生

水木しげる

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    陽気な落第生だった少年時代、ラバウルで死の淵をさまよい片腕を失った戦争の時代、赤貧の中で紙芝居や貸本マンガを描き続けた戦後、そして突然訪れた「鬼太郎」と妖怪ブームの中で締め切りに追われる日々。のんのんばあが、南国の土人たちが、奇妙な「水木荘」の住人やユニークなマンガ家仲間が彩る波乱万丈の人生を、楽天的に生きぬいてきた日本土人・水木しげるの面白く、ちょっぴり哀しい半生の記録。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/12/05Posted by ブクログ

      こんなに読み終えるのが惜しい本に出会ったのは、久しぶりだ。
      『ゲゲゲの鬼太郎』でお馴染みの漫画家水木しげるの波乱万丈の人生を本人がのんび~りと苦しい時も前向きで、次から次へと起こる事件を可笑しくてゲラ...

      続きを読む
    • 2011/07/15Posted by ブクログ

      2010年ni大ヒットした「ゲゲゲの女房」。こっちは水木しげる御大の自叙伝です。奥様の書かれた本とはまた違った味わいがあって、僕はこっちのほうがどちらかというと好きなのですが…。

      2010年に大ヒッ...

      続きを読む
    • 2015/12/08Posted by ブクログ

      生前に購入はしていたけど、逝去を期に読了。そこかしこの表現から窺われる、氏のあっけらかんとした死生観が、実際の戦争で生死の境を体験したからこそ、本当の声として感じられる。そんな氏だから、きっとその最期...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000134827","price":"550"}]

    セーフモード