「できる人」はどこがちがうのか

齋藤 孝

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今日のように社会構造が根底から揺らいでいる時代には、各自が固有の判断のもとに動くほかない。そのためには、オリジナルなスタイルをもつことが大切である。「できる人」はどのように〈技〉を磨き、上達の秘訣を掴んだのだろうか。スポーツや文学、経営など様々なジャンルの達人たちの〈技〉や、歴史の上で独特な役割を果たした人々の工夫のプロセスを詳細にたどり、新しい時代に求められる〈三つの力〉を提案する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/09/14Posted by ブクログ

      できる人。。。ちょっと引っかかるが、

      著者の言葉から、
      実は私達一人ひとりすべてにあるそもそもの能力を使っている人と分かる。

      その自分なりの能力を使うポイントは3つの力~「まねる→盗む」 「段取る...

      続きを読む
    • 2008/08/24Posted by ブクログ

      以前、仕事で失敗ばかりしていた時に、当時の社長に「君はこれを読みなさい」と渡されたのが本書。こういった類の書は、タイトルからして、著者が「俺は出来るんだぞ。だからお前もこうした方がいい!」という内容な...

      続きを読む
    • 2006/07/17Posted by ブクログ

      斎藤さんは『声に出して読みたい日本語』ですっかり有名になった教育学者。彼の本については色々とあることは知ってましたが読むこと自体は始めてでした。普通に本屋で買ったのか、Amazonで注文したか、はたま...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000134795","price":"715"}]

    セーフモード