【最新刊】雪崩連太郎全集 ――都筑道夫恐怖短篇集成(3)

都筑道夫恐怖短篇集成

都筑道夫

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    しきたりや伝承に縛られ、苦悩死した人間の魂は今もこの世をさまよい歩くのか?名人の手になる旧家の鬼瓦は闇夜に吼えるという……。秀作「雪崩連太郎怨霊行」をはじめとして、怪奇に彩られた難事件に挑むオカルト・ハンター雪崩連太郎の活躍を描く連作怪奇ロマンをすべて収録。妖しい美しさの中にペーソスが滲む傑作集。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/10
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    文芸
    • 都筑道夫恐怖短篇集成 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      都筑道夫恐怖短篇集成 全 3 巻

      3,850円(税込)
      38pt獲得

    レビュー

    4
    4
    5
    0
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/01/15Posted by ブクログ

      元本絶版なので、これは嬉しい復刊。ちょっと高いけど、その価値はあるでしょ。
      「怪奇・恐怖小説」なのだけれど、怖いばかりじゃないなあ。表題作だとか「気になる記憶」、「もういや!」など、ブラックユーモアが...

      続きを読む
    • 2013/10/09Posted by ブクログ

      星新一のショートショートみたいな感じだなあと。
      しかし「恐怖小説短編集」と一括りにしてしまうには惜しい!
      コミカルな話も、じんわり来る話もあり、そのバリエーションの豊富さ。
      昨今のホラー・ミステリのオ...

      続きを読む
    • 2005/02/05Posted by ブクログ

      ホラーでありながらミステリの展開や情景描写を併せ持つ「ホラーとミステリの融合」なのかな。オカルトミステリというよりはミステリオカルトという感じで。変な言葉だけど。オカルトが主。怪奇現象は起こるしそれは...

      続きを読む
    開く

    セーフモード