ちくま日本文学全集 夢野久作

夢野久作

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の近代文学史を彩るキラ星たち。そんな作家の代表作を短篇中心にコンパクトな一冊に収める文学全集。各巻に詳細な年譜を附す。怪奇幻想作家として知られる夢野久作。他にも、軍人、農園経営者、僧侶、謡曲教授、新聞記者と多くの顔をもっていた。本巻では、代表的な短篇を始め、詩、実父・杉山茂丸の評伝、能楽に関するエッセイと、特異な才能を発揮した著者の、多彩な作品群を見ることができる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/07/05Posted by ブクログ

      夢野久作の短編集。

      ドグラ・マグラが読んでみたいなと思っていたが、つまらない作品だと時間の無駄なので、手始めとして短編集を読んでみた。

      正直ストーリーの組立などは現代小説のほうが上手だけれども、独...

      続きを読む
    • 2010/05/17Posted by ブクログ

      「氷の涯」の終盤のニーナの独り語りが凄い好き。半世紀以上前の小説とは思えないスピード感。
      「人間腸詰」もやっぱり面白い。
      日中露のゴタゴタした感じがたまらん。

    • 2007/03/20Posted by ブクログ

      なんといっても「氷の涯」なのですね。ラストが必見です。夢野久作が書簡体や一人称語りなどを魅力的に使用していることが「瓶詰地獄」などでうかがえたりします。

    開く
    [{"item_id":"A000134783","price":"880"}]

    セーフモード