ジンメル・コレクション

ゲオルグ・ジンメル/北川東子(編訳)/鈴木 直(訳)

1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    取っ手や橋・扉など、見慣れた風景の細部からモデルネの本質を読み解き、貨幣、大都市、女性、モードにいたるまで、現代社会のあらゆる事象に哲学的思索を向けた「エッセーの思想家」ジンメル――その20世紀的思考を生き生きと伝えるアンソロジー。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/02/07Posted by ブクログ

      素直に実り多いと言える読書だった。

      芸術作品における取っ手の役割についてとか、ユニークなんだけど実際的で、すごく柔軟で哲学者には珍しくなんというか優しさを感じられる。

      「生の豊かさの本質とはひっき...

      続きを読む
    • 2012/03/23Posted by ブクログ

      ジンメルのエッセーを、主に女性論・生活風景論・美学論・社会論という視座にしたがって訳出・編纂している。各エセーには強い主張はなく、それゆえに曖昧とも言えるが、彼の扱う対象に即して言えばその曖昧さは対象...

      続きを読む
    • 2011/10/07Posted by ブクログ

      哲学エッセイ、なるものを初めて読んだ気がする。面白かったが、少しまとまりのない本ではあった。大きなテーマのひとつである美学については、ぼくの関心が今一つ盛り上がらず、ちょっと読み飛ばしぎみになってしま...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000134751","price":"1155"}]

    セーフモード