シリコンバレー精神 ――グーグルを生むビジネス風土

梅田望夫

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「シリコンバレーで今何が起ころうとしているのか、この目で見きわめたい。産業の大変革を身体で実感したい」。1994年10月、同地に移住した著者は、ネット革命とバブル崩壊の一部始終を目撃し、マイクロソフト帝国の変質と、リナックス、グーグルの誕生に注視する。技術と経営と投資家の幸福な結びつきと、その背後の「変化を面白がる楽天主義」を明快に、余すところなく伝えるスリリングな一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/28Posted by ブクログ

      シリコンバレーの流儀

      第一に、事業の成功・失敗はあくまでもビジネスというある世界でのゲームで、
      それを絶対に人生に反映させないこと。

      第二に、事業というのは「失敗するのが普通、成功したら凄いぞ」と...

      続きを読む
    • 2007/07/17Posted by ブクログ

      フォーサイトに連載されている「シリコンバレーからの手紙」をまとめて文庫にしたものである。
      筆者がそのときそのときの考えをまとめたもので、本を執筆するときに考えをまとめて書いた本ではない。
      よって、今か...

      続きを読む
    • 2007/11/16Posted by ブクログ

      ◎「シリコンバレー精神」で、ベンチャーとは何たるものか、その精神構造を知った。
      ◎「ウェブ進化論」で、いまなにがおこっているのかにふれた。
      ◎「ウェブ時代をゆく」でなにをしていかなければならないか...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000134744","price":"605"}]

    セーフモード