【最新刊】混沌からの表現

混沌からの表現

山崎正和

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    情報化や国際化が一段と進み、文化や文明が本質的な変貌をとげたかのように見える現代。この歴史の曲がり角で日本人は、どのように自らを表現し、生きていけばよいか。世の中の流れの中で立ち止まり、日本の歴史や伝統文化の諸相を見つめ直すところから始めてみよう。透徹した思考に支えられた文明批評・日本文化論。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/10
    連載誌/レーベル
    ちくま学芸文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2009/08/21Posted by ブクログ

      本というものはたくさんの情報をもたらしながら、その情報にきちんとした構造を与えている。
      本を読むことはいいことで、文字を知ることは人倫の道にかなっているということを幕府はよく理解していたし、明治時代以...

      続きを読む
    • 2007/07/18Posted by ブクログ

      1977年に出版された文化論・文明論に関する中短編を集めた本の文庫版。人間が長い時間をかけて創り上げてきた文化・文明というものの奥深さ・崇高さを落ち着いた筆致で伝えてくれる。30年経っても古びない著者...

      続きを読む
    • 2018/12/11Posted by ブクログ

      第1章 日本の自己表現
      第2章 手とイメージ
      第3章 都市の復活のために
      第4章 日本人の心とかたち
      第5章 曲り角で考える

    [{"item_id":"A000134720","price":"935"}]

    セーフモード