オリヴァー・トゥイスト(下)

C.ディケンズ/小池 滋(訳)

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    主人公の孤児オリヴァーの運命の星は光を失ったまま、酷薄さを増していく。盗賊団一味のビル・サイクスに従って強盗に連れ出された夜、オリヴァーは瀕死の重傷を負い、仲間に置き去りにされる。かろうじて篤志なメイリー夫人に救われた彼の運命はさらに二転三転して……。ユーモア作家として不動の地位を確立していたディケンズが、持ち前のジャーナリスト的視点で挑戦した初の社会小説。

    続きを読む
    • オリヴァー・トゥイスト 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      オリヴァー・トゥイスト 全 2 巻

      1,870円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    • 2007/02/15Posted by ブクログ

      この小説の後半はオリヴァがどうこうするというより、また違う展開になって、オリヴァの周りの人々の記述がメインになっています。オリヴァの出生の秘密、つまりオリヴァとは何者か、という謎が解かれてこの小説は幕...

      続きを読む
    • 2007/02/15Posted by ブクログ

      オリヴァが2つの世界を渡り歩きます。
      上巻はどこにいっても自分の居場所を探せないオリヴァの描写が中心となっています。上巻を読んでつまらないと思った人、とりあえず下巻までがまんして進みましょう。

    • 2016/02/24Posted by ブクログ

      ❖物語前半部(上巻)は冗長を感じさせる緩さもあったけれど、後半(下巻・特に終盤〜大団円)は惹きこまれた。人物(心理)描写が巧みに描き込まれ(特にナンシーが自身のしがらみについてこぼす懊悩は出色)、登場...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000134657","price":"935"}]

    セーフモード