【最新刊】おとこくらべ

おとこくらべ

嵐山光三郎

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「表を作りましょうか。おとこくらべ一覧。……」。樋口一葉が極貧の中、家を訪れる男たちを値踏みして書きとめた「おとこくらべ」一覧の話。「怪談」を生んだ小泉八雲は、「紫の一本、見ました」と言っては妻の躯を求めた。夏目漱石、有島武郎、芥川龍之介、北原白秋…明治の文豪の性と死をユーモアと博識で綴った6篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/10
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2011/02/13Posted by ブクログ

      明治時代の文豪(の関係)についての知識がもっとあればさらに楽しめたのかもしれない(特に最後の方)。★3なのは自分の知識不足もあるかと

    • 2011/05/03Posted by ブクログ

      伊勢佐木モールboで購入。嵐山光三郎にしては珍しくふざけすぎたところが少ない文章で、文壇史が繋がり良く書かれており興味深く読めた。

    セーフモード