今できることをやればいい

著:酒井雄哉

950円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    無理はしなくていい、失敗したっていい、行動すれば必ず道は開ける!自信がないと、なにをどうしたらいいのか分からなかったり、失敗が怖かったりして、何もしないで頭の中で考えてばかりになってしまうもの。しかし、それでは、かえって悩みを増やすことになる。どんなに相手に求めても、求めたものが与えられるとは限らないし、いつまでも過去にされたことを恨んでいても、辛い思いがぶり返すばかり。本書では、そんな負のスパイラルから抜け出し、相手や状況にかかわらず、自分で自分を幸せの方向へ導いていくためにどうすればいいのかを紹介。「計算ばっかりじゃ、うまくいかない」「自然体の自分でいるのが一番ラク」「ひたすらがんばってやっていると、悩まなくてすむ」「嫌なことがあったときこそ笑ってみる」千日回峯行を二度満行した「現代の生き仏」が語る、人生の歩み方。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    11
    5
    1
    4
    3
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/18Posted by ブクログ

      ひとつ。
      そんなにバランスの良い食事なんか取らなくたって、そうそう不健康にはならない、と。
      粗食が結局、体に良いんだろうなー、と思った。

    • 2014/01/01Posted by ブクログ

      羊の役割のエピソードが面白かった。
      鹿をかばって羊が猟師の鉄砲で撃たれた。羊は自分を犠牲にしてでも他の動物を助ける生き物。「義」というじは羊と我

    • 2013/12/14Posted by ブクログ

      一気に読了しました。

      前作の「ムダなことはひとつもない」に続けて読みましたが
      同じ人が書いた?と思うぐらい文章が読み易くまとまっていました。

      病気で人生というか生き方について迷っている自分にとって...

      続きを読む
    開く

    セーフモード