【完結済み】生類憐マント欲ス 1巻

生類憐マント欲ス

完結

篠原烏童

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

元禄文化華やかなワレ江戸の街。その影で蠢くのは、「善」か「悪」か。ファンタジーコミックの旗手・篠原烏童がおくる本格元禄怪奇譚、登場!時は元禄、世は太平。旗本家の次男坊・遠山進之介は、謎めいた黒衣の男(せんせい)との出会いをきっかけに、華やかな江戸の街の裏、怪奇を装ってうごめく陰謀に巻き込まれてゆく──。篠原烏童が描く本格元禄怪奇譚、堂々登場!

続きを読む
ページ数
159ページ
提供開始日
2013/06/07
連載誌/レーベル
Gensou Collection
出版社
祥伝社
ジャンル
少女マンガ
  • 生類憐マント欲ス 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    生類憐マント欲ス 全 4 巻

    2,200円(税込)
    22pt獲得

レビュー

レビューコメント(7件)
  • 1巻
    ネタバレ
    2014/03/20Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 1巻2011/08/10Posted by ブクログ

    時は元禄。
    ある日のこと、旗本家の次男坊・遠山進之介は、材木問屋の店に飛びこむ奇妙な狐と、それを追う真っ黒な犬を目撃する。
    店からの叫び声を聞いて店内に駆け込んでみるとキツネの姿はなく、大きな黒犬と材...

    続きを読む
  • 1巻2011/07/29Posted by ブクログ

    この方のデビュー時から大ファンです。
    ストーリーが温かく、読んでいて純粋に幸せな気持ちになれるのは、今のところこの方だけかと。紙の本から人肌のぬくもりを感じられる作風は本作でも健在です。
    導入部ではあ...

    続きを読む
開く

セーフモード