妻は、くノ一

作画:黒百合姫 原作:風野真知雄

638円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    失踪した美貌の新妻、織江の正体はくノ一だった。国破りを企てる元藩主の懐刀と公儀隠密のくノ一、夫婦の契りを結びながらも会うことを許されない彦馬と織江のせつなく燃える愛。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/11Posted by ブクログ

      妻はくノ一

      時代は開国の手前。
      星をこよなく愛する主人公の元へ、あるくノ一が任務を果たすべく妻となる。当然、くノ一だから秘密をバラすわけにもいかず、任務が終わるとある朝忽然と姿を消してしまう。

      ...

      続きを読む
    • 2013/05/07Posted by ブクログ

      有名な原作のほうは未読なんで、え…こんな話だったのか!と驚いた次第(良い意味で)。
      最も不意をつかれたのは特に織江さんのキャラ配置。冒頭から「くノ一てそっちのかよ。なんじゃこの展開…( ゚д゚)ポカ...

      続きを読む
    • 2013/04/28Posted by ブクログ

      原作を5巻を読み途中ですが、進みが原作を越えなくて良かったです。だいたい4巻くらい(巻数はうろ覚えですが、織江が米炊き女で武器の本を手にしたあたり)までをかいつまんで上手くまとめてあります。
      絵もイメ...

      続きを読む

    セーフモード