「いき」の構造 他二篇

九鬼周造著

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本民族に独自の美意識をあらわす語「いき(粋)」とは何か.「運命によって〈諦め〉を得た〈媚態〉が〈意気地〉の自由に生きるのが〈いき〉である」――九鬼は「いき」の現象をその構造と表現から明快に把えてみせたあと,こう結論する.再評価の気運高い表題作に加え『風流に関する一考察』『情緒の系図』を併収.(解説多田道太郎)

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(69件)
    • 2015/02/25Posted by ブクログ

      ・九鬼周造は、江戸の美意識であった「粋(いき)」の意味を哲学的に探り、恋愛にある緊張感や儚さ、近松や西鶴の描く、心の交情。その本質的なところに「いき」があると云っています。


       「いきの第一の徴表は...

      続きを読む
    • 2006/04/27Posted by ブクログ

      (2006.04.27読了)(拝借)
      昨年、三木清(1897-1945)を久しぶりに読み、先日和辻哲郎(1889-1960)を読み、今回九鬼周造を読んだのですが、いずれも、ハイデガー(1889-197...

      続きを読む
    • 2011/01/21Posted by ブクログ

      およそ「いき」の現象の把握に関して方法論的考察をする場合に,…(中略)…「いき」を単に種概念として取扱って,それを包括する類概念の抽象的普遍を向観する「本質直感」を索(もと)めてはならない。意味体験と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード