【最新刊】「いき」の構造 他二篇

「いき」の構造 他二篇

1冊

九鬼周造著

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本民族に独自の美意識をあらわす語「いき(粋)」とは何か.「運命によって〈諦め〉を得た〈媚態〉が〈意気地〉の自由に生きるのが〈いき〉である」――九鬼は「いき」の現象をその構造と表現から明快に把えてみせたあと,こう結論する.再評価の気運高い表題作に加え『風流に関する一考察』『情緒の系図』を併収.(解説多田道太郎)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/03
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.9
    56
    5
    18
    4
    17
    3
    19
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

      序説は面白かった。言葉の持つニュアンスと比較から、言葉と民族性をつなげる。
      海外の事例が「いきではない」というのはなんとなくわかるが、結局「何がいきなのなか」は、当時の感覚とは違うし、そもそも今「いき...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/06/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/07/07Posted by ブクログ

      「いき」、風流、そして情緒の構造・系譜を解きほぐそうと試みた一冊。
      文体も古く難解だが、「情緒の系譜」は比較的わかりやすい。
      情緒の系譜にたどりつきなるほどと一定の理解をし、あらためて「いき」の構造に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード