【最新刊】生還 山岳捜査官・釜谷亮二

生還 山岳捜査官・釜谷亮二

1冊

著:大倉崇裕

760円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    いったい、あの山で何があったのか。『聖域』に続く大倉崇裕の山岳ミステリー山で不審な遺体が見つかったとき、あの男が呼び出される。山岳遭難救助隊特別捜査係・釜谷亮二。山岳捜査官とは、いわば「山の鑑識係」である。遭難救助隊が不審な点のある遺体を山で発見したときに登場し、残された微細な証拠や聞き込みから、彼らはその死の真実を突き止める。四月中旬、北アルプス黒門岳で見つかった女性の遺体。彼女は、右手に握りしめた折りたたみナイフで、黄色のダウンジャケットを雪面に刺し貫いた状態で死んでいた。彼女の死の真相、そしてダウンジャケットのもつ意味とは。(第一話『生還』)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/03
    連載誌/レーベル
    ヤマケイ文庫

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/19Posted by ブクログ

      最近ずっとライトな文体のものばかり読んでいたので、久々に骨太な感じ。山だし。

      一人称ではなくて、主人公・釜谷を部下の原田の目を通して描いているから余計に。山だし。

      殺人ばかりでないのも良い。山だし...

      続きを読む
    • 2015/05/02Posted by ブクログ

      山岳捜査官釜谷亮二の活躍を同僚の原田の視点で追っていく4編を収録

      以前に単行本で読んでいたが、殆ど記憶に無かった。
      是非、シリーズ化して欲しい一作です。

    • 2015/04/20Posted by ブクログ

      山岳捜査官の釜谷亮二を主人公にした山岳推理短編集。『生還』『誤解』『捜索』『英雄』の四編を収録。

      どの作品も舞台は過酷な山の現場なのだが、今ひとつ山らしさも緊迫感も伝わらず、どこか安楽椅子探偵のよう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード