【最新刊】空飛ぶ山岳救助隊 ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦

空飛ぶ山岳救助隊  ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦

1冊

著:羽根田治

792円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大好きな山で仕事ができる、ただそれだけの理由でヘリ会社に入った篠原秋彦は、山小屋への物資輸送のかたわら、空からの遭難救助法の確立を目指す。 ひとりでも多くの人の命を救いたい。そのために山を研究し、私生活を犠牲にして現場に飛び込んでゆく。 そのすさまじいまでの救助の実態を、山岳遭難ルポの第一人者、羽根田 治が真実に迫る迫力で紹介

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/03
    連載誌/レーベル
    ヤマケイ文庫

    レビュー

    3.8
    11
    5
    3
    4
    4
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      ここまで命懸けの仕事を民間が良くぞ請負ったという感じ。救助という極限状況が人を駆り立てるのか。救助を生業とする人々に感謝の言葉しかない。有難う、そして冥福を祈ります。

    • 2017/11/07Posted by ブクログ

      ヘリによる山岳救助の草分け、東邦航空の篠原秋彦氏が題材。単行本の副題がヘリレスキューに命を懸ける男、だったが、文庫本ではヘリレスキューに命を懸けた男、に。救助活動中に救助ネットから転落死したとのこと。...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/12/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード