【最新刊】彼女の血が溶けてゆく

彼女の血が溶けてゆく

1冊

著:浦賀和宏

717円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ライター・銀次郎は、元妻・聡美が引き起こした医療ミス事件の真相を探ることに。患者の女性は、自然と血が溶ける溶血を発症、治療の甲斐なく原因不明のまま死亡する。死因を探るうちに次々と明かされる、驚きの真実と張り巡らされた罠。はたして銀次郎は人々の深層心理に隠された真相にたどり着けるのか。ノンストップ・ミステリーの新境地。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/03
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.2
    58
    5
    6
    4
    15
    3
    28
    2
    7
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/03/12Posted by ブクログ

      ド派手なドラマではなく、強烈なキャラもいない。だからいっそう身近に起こりえる出来事のような気がする。

      結末が光のある方へ進む感じで終わる。
      浦賀さんが主人公のフリー記者と重なる。誠実な人柄が滲み出て...

      続きを読む
    • 2019/03/26Posted by ブクログ

      初読みの作家さん・・・結果はアタリでした!おもしろかった!!
      とはいえ、展開にちょーっと無理はある気がしますがw

      ライター・銀次郎は、元妻・聡美が引き起こした医療ミス事件の真相を探ることに。
      患者の...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      『彼女は存在しない』が面白かったので読んだ。
      医療トリックだから専門に偏らないようにしつつ論理を尽くさないといけなかったのかもしれない。結果として驚きが無く、残念だった。

    開く

    セーフモード