四巨頭会談 男好きの男と女好きの女と女だった男と男だった女

著:かずあき 著:竹内佐千子 著:西野とおる 著:能町みね子

1,131円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

ゲイ、レズビアン、FtM、MtF......ちがうセクシャリティをもつ四人が集まって、性やら恋やら身体について、酒を飲みながら、お菓子を食べながら、のんべんだらりと語った対談集。強い主義や主張をしない、「ふつう」に生きる彼らの、ラフでわかりやすいセクシャリティの話。エッセイまんが12本も収録、対談部分もイラスト満載で読みやすい1冊です。

続きを読む

レビュー

4.3
8
5
4
4
3
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/20Posted by ブクログ

    【展示用コメント】
     ""カテゴライズだのラベルだの、よく知りもせずに他人は私たちに色々ぺたぺたつけたがるけれど、結局自分は自分なのですよ。
    ""

    【北海道大学蔵書目録へのリンク先】
    https:/...

    続きを読む
  • 2017/06/22Posted by ブクログ

    LGBTQの本棚から 
    第10回 ”もっと” セクマイを知りたい!

    今回ご紹介するのは
    「四巨頭会談」……。
    ゲイ・レズビアン・FtM(女→男)・MtF(男→女)の4人の漫画家がそれぞれの視点でセク...

    続きを読む
  • 2016/01/09Posted by ブクログ

    あっ 性別とかどうでもいいわ(読後感)

    世の中性別に固定観念持ちすぎじゃない…?
    という自分の感覚はあれどマイノリティの
    突っ込んだ話そう言えばあんまり知らないなーと
    思ってたところにすごい密度ぶっ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード