【最新刊】女子校力

女子校力
1冊

著:杉浦由美子

699円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

空気を読まずに突き進む“世間知らず”な強さのヒミツ!女子校離れと言われて久しい。「ドロドロしてそう」「楽しくなさそう」と敬遠されるが、実際には異性の目がない学校空間ではスクールカーストが形成されず、ギャルや腐女子、バンギャ、ジャニヲタ、ガリ勉などさまざまな種類の女の子が共存し、グループどうしの対立もない。他人の目を気にしないでいいので、やりたいことに邁進できる自由な環境なのだ。だが、そこで育つと「物言いが率直すぎる」「言葉の裏が読めない」「男のメンツを平気で踏みにじる」と“空気が読めない子”になっていくのも事実。「温室育ちのお嬢様」に商品価値がなくなった現在、女子校の存在意義とは何なのか。閉塞する社会を打破するために、女子校出身者の“空気を読まない力”はどう作用していくのか。78人の卒業生・在校生へのインタビュー、現役教諭、受験産業関係者への取材から見えてくる女子校育ちの“力”を探る。

続きを読む
提供開始日
2013/05/03
連載誌/レーベル
PHP新書

同シリーズ 全1巻

レビュー

3.4
22
5
3
4
6
3
11
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2018/03/24Posted by ブクログ

    女子校出身の著者が、女子校出身者の特徴や社会性を描いた一冊。

    共学出身者と比べてオタク傾向が強い、男性慣れしてない分恋愛で損をする、社会に出て男性をうまく立てられないなど、(もちろん全てではないが)...

    続きを読む
  • 2018/03/02Posted by ブクログ

    私立のカトリック系女子中高一貫校静岡雙葉中学校・高等学校を卒業している杉浦由美子が、桜蔭、女子学院、雙葉、フェリスなどの女子校卒業生や進学塾関係者などに取材することによって、現在の女子校の存在について...

    続きを読む
  • 2018/01/27Posted by ブクログ

    男子校出身のため、女子高がどのような世界なのかを知るために読んでみた。
    都内(および横浜)の女子私学校の中で割と特色がある学校が紹介されていたので、それぞれに個性があるのだと面白く読めた。
    女子中高で...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード