【完結済み】ひとりぼっちの地球侵略 1巻

ひとりぼっちの地球侵略

完結

15冊

小川麻衣子

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

出会いと地球の運命は?新感覚SF青春譚!人口70万に満たない、そこそこ栄えた地方のそこそこな中心都市・松横市。この春、高校に入学する広瀬岬一は、入退院を繰り返す双子の兄・凪とは正反対の健康優良児。入学式当日、岬一の前に現れた“ひどい変わり者”の2年生・大鳥希。「命をもらいに来た」と岬一に迫るが、岬一の身体は負った傷をたちどころに治してしまう。驚く彼に、彼女は態度を一転させて告げる。「一緒にこの地球を侵略しましょう」と――

続きを読む
ページ数
192ページ
提供開始日
2013/05/27
連載誌/レーベル
ゲッサン
出版社
小学館
ジャンル
少年マンガ
  • ひとりぼっちの地球侵略 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ひとりぼっちの地球侵略 全 15 巻

    6,930円(税込)
    69pt獲得

レビュー

4.2
58
5
25
4
23
3
8
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2017/07/20Posted by ブクログ

    ゾキ編完結。

    当初ぼくはこの漫画の作画が好きで読んでいたのだが、最近はストーリーで魅せるようになってきた。

    新しく始まった鎖星編もおもしろくなりそうだ。

  • 2017/05/11Posted by ブクログ

    双子の弟編はクライマックスへ。

    この作者は本当に動きのある絵が上手くて迫力があるから好きだ。
    双子の弟編と書いたが一巻からそれを軸に物語を進めてきたので、次の次の巻あたりで綺麗に終わってしまうのかも...

    続きを読む
  • 2016/06/22Posted by ブクログ

     物語もいよいよ家郷を迎えつつある10巻である。
     おおむね舞台が整った感触だろうか。凪とゴズの王の関係が詳らかにされ、ゴズの王の狙いも明らかになっている。また大鳥先輩と小さい方の関係も詳細が明らかに...

    続きを読む
開く

セーフモード