ドラッヘンの騎士

青池保子

596円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    町おこしのために観光局長にガンツ。祭りの催しの主役として青年・ロルフをスカウトする。ロルフには、騎士としてのDNA・ドラッヘンの血が流れていた…!800年の謎にせまる、歴史ミステリー!!他「女王陛下の憂鬱」「カルタゴ幻想」を収録。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/02/08Posted by ブクログ

      表題作は現代と中世のからみ。ルネサンスに分類したのは中に収録されている『女王陛下の憂鬱』がそこに相当するから。エリザベス1世暗殺計画をめぐるイギリス・ルネサンス期のスパイもの。

    • 2009/10/22Posted by ブクログ

      表題作は現代物なはずなのに、読み終わったらしっかりすっかり歴史物を読んだ気分。青池さん、さすがでございます。

    • 2008/04/13Posted by ブクログ

      歴史は、勝者によって作り変えられる。現代、ドイツのある街での中世騎士対抗試合にて、明らかになるその街の真実の歴史。こんなことは、世界中いたるところに起こっているのだろうな、もちろん、日本史だってそうで...

      続きを読む

    セーフモード