【完結済み】ジパング 深蒼海流 1巻

ジパング 深蒼海流

完結

かわぐちかいじ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

かつて、ふたつの“力”がぶつかり合い、現代へと繋がるこの国を形作った。かわぐちかいじが壮大なスケールで描き出す、もうひとつの“ジパング”。

続きを読む
ページ数
197ページ
提供開始日
2013/05/23
連載誌/レーベル
モーニング
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • ジパング 深蒼海流 全 23 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ジパング 深蒼海流 全 23 巻

    15,180円(税込)
    151pt獲得

レビュー

  • 2020/07/07Posted by ブクログ

    後白河法皇・平知盛・武蔵坊弁慶。役者が揃いだしてます。後は奥州の面々ですか。
    まだ先かな。

    政子と徳子。源氏と平氏の両方の権力者の伴侶となるべき二人の女性が、その階を上り始めます。
    貴族から武家社会...

    続きを読む
  • 2020/03/23匿名
    やっと話が動き出した

    木曽義仲が平維盛を破った倶利伽羅峠の戦いでの火牛の計には色々説があるけどかわぐち氏はああいうふうであったと思われた訳だ。ところでいくさの最中にあれだけの牛を集めるかなあ。日本外史の書かれた頃の創作では...

    続きを読む
  • 2020/07/07Posted by ブクログ

    1巻で頼朝の少年期が終わって、2巻は義経と徳子。

    完全に壇ノ浦への伏線。
    というか、この二人の縁が、物語の綾になりますね。

    タイトルでいうなら、大きな海流の一つ。

    この時代の女性陣の海流を、どん...

    続きを読む
開く

セーフモード