【最新刊】ミモザの園

ミモザの園

ダイナ・マコール 翻訳:皆川孝子

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    持って生まれた予知能力のため周囲から敬遠されて生きてきたローレルは、都会を離れ、亡き祖母の土地にひとり移り住んだ。ルイジアナの深い森に囲まれたその美しい屋敷と庭を地元の人は“ミモザの園”と呼び、愛していた。穏やかに暮らす希望をやっと見つけたローレルはある日、思いがけない出会いを果たす。目の前に現れた男性こそ、毎晩夢に訪れる、存在するはずもない空想の世界の恋人…。驚きを隠せないローレルに彼は言った。「会いたかったよ」。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/05/16
    連載誌/レーベル
    MIRA文庫

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/10/24Posted by ブクログ

      生まれ持った予知能力のために周囲から敬遠されてきた主人公ローレルは亡き祖母の土地に移り住む。
      そこはミモザの花が咲く美しいミモザの園だった。
      そして穏やかな日々を過ごすローレルの前に現れたのは、何と毎...

      続きを読む
    • 2017/12/08Posted by ブクログ

      持って生まれた能力のため、周囲に疎まれながら育った女性が初めて居場所を見つけるという話は、ベタながら好き。

    • 2008/08/05Posted by ブクログ

      なんとなく特殊能力がある主人公が出てくる作品になんとなく注目している昨今。
      個人的超能力ミステリーの一つとしてセレクト。

      ちょっと肩透かし気味にさらっとハッピーエンド。なんだかなー・・・。

    セーフモード