音なし源捕物帳(巻三)

著:笹沢左保

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文政三年も、十月の末となった。江戸の名物でもある空っ風が、三日に一度は吹き荒れる。江戸の木枯しは、短時間に狂ったように吹くのであった。大江戸の人家の屋根を叩き、軒を煽って、路上を吹き抜ける。砂塵が舞い上がり、紙屑が競い合うように地上を滑ってゆく。看板が揺れて、木戸が忙しく開閉する。必ずどこからか、バタンバタンという音が聞えて来るものだった。…この「木枯しの辻」ほか、「賭けた浪人」「霜柱は笑う」「木枯しの辻」「湯治場の女」「凍った三日月」の5編を収めた。

    続きを読む
    • 音なし源捕物帳 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      音なし源捕物帳 全 4 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000131333","price":"330"}]

    セーフモード