【最新刊】カラマーゾフの兄弟 3

カラマーゾフの兄弟

3冊

著:ドストエフスキー 訳:北垣信行

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    裁判は着実に進んでいくが、その判決の前日にスメルジャコーフが自殺する。その直後にはイワンが精神錯乱におちいり、「犯人はスメルジャコーフだが、殺すように命じたのは実はこの私だ!」と法廷で証言し、意味不明の叫び声をあげる。…そんななか、ついに運命の判決が下る。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/19
    • カラマーゾフの兄弟 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      カラマーゾフの兄弟 全 3 巻

      2,640円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    4
    66
    5
    24
    4
    25
    3
    15
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/14Posted by ブクログ

      「カラマーゾフの兄弟3」ドストエフスキー、亀山郁夫訳。初出1879年。光文社古典新訳文庫。2020年1月読了。



       第2部は、「大審問官」「ゾシマの告白」の2大「物語内物語」を含む内容で、なんだ...

      続きを読む
    • 2019/12/16Posted by ブクログ

      フョードルとドミートリー。父子がお金を巡ってグチャグチャするなんて醜悪だけど、父子で同一の女を巡ってグチャグチャとか、ほんとやめてほしいわー。醜悪にもほどがある。

      そしていよいよ事件。事件はもっと早...

      続きを読む
    • 2019/03/21Posted by ブクログ

      当時の社会情勢や市民が抱いている哲学などが非常に興味深い。 罪と罰でも見られるが、容疑者と予審のやり取りはさすが

    開く

    セーフモード