【最新刊】世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊

世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊

1冊

著:福井雄三

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太平洋戦争における日本の“最大の悲劇”は、日本が戦争に敗れたこと自体というよりも、アメリカから一方的にやられっぱなしの、あのようなぶざまな負け方をした戦闘内容のレベルの低さにあった。これが、現在の日本人の潜在意識の底――対米意識や戦後の歴史観にも大きな影を落としている。しかし、兵力差10倍のソ連軍を圧倒したノモンハン事件、世界を驚かせたシンガポール陥落までの電撃戦など、スターリンをも震え上がらせ、当時の国際情勢を大きく動かした日本陸軍は、一時世界最強であった。では、なぜ日米戦争では“悲惨な敗退戦”を繰り返したのか。本書は、「北進論と南進論」「次から次へと嘘をつく」「ガダルカナルの悲劇の真犯人」「なぶり殺しにされた日本陸軍」「死中に活を求めたはずが……」など、陸軍が海軍の無謀な戦略と作戦指導に引きずられて、敗戦に至った真因へと迫る! 「陸軍悪玉・海軍善玉論」を根底からくつがえす渾身の力作。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/10/30

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/01/03Posted by ブクログ

      読みかけとなっていた本です、最後まで読みたいと思っておりますが、現在このような本に部屋が占領されてきており、苦渋の決断ながら処分することに至りました。近い将来、この本を読破できる機会が来ることを願って...

      続きを読む
    • 2015/12/12Posted by ブクログ

      大東亜戦争の戦後の論調は、陸軍悪玉、海軍善玉論であるが、違った歴史認識を知ることとなった。巷で言う山本五十六の英雄伝説と違い惨敗の原因は、山本五十六の稚拙な作戦にあった。
      自分自身が東郷の様な英雄にな...

      続きを読む

    セーフモード