龍馬(一) 青雲篇

津本陽

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    土佐郷士の家に生まれた坂本龍馬は、ジョン万次郎からアメリカの文明について聞かされ、まだ見ぬ世界への期待に夢を膨らませていた。嘉永六年、親友の妹と結婚の約束を交わした龍馬は一年間の江戸遊学へと旅立つ。小千葉道場で剣術修行に励む一方、佐久間象山を知るなど見聞を広めるが、折しもペリー率いる黒船が来航し、外国の脅威を目の当たりにする。土佐では、思わぬ悲劇が待ち受けていた。等身大の英雄像に挑む歴史巨篇。

    続きを読む
    • 龍馬 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      龍馬 全 5 巻

      3,454円(税込)
      34pt獲得

    レビュー

    • 2005/07/01Posted by ブクログ

      前半は竜馬を通して幕末の推移を見るという感じで、登場人物は生き生きとしてました。それが、後半は資料に合わせる形になり、史実に近いでしょうが小説として違和感が残る。それにしても、ペリー来航から大政奉還ま...

      続きを読む
    • 2009/03/01Posted by ブクログ

      i馬バージョンと少し違う。こっちの方が事実に近いんだろうな。ただ、自分は司馬バージョンの方が好き。わくわく感が違う。

    • 2006/04/15Posted by ブクログ

      坂本龍馬を題材にして、どうしてこんなつまらない小説になるのだろうか。「竜馬がゆく」の足元にも及ばない。2巻以降気がすすまない。

    [{"item_id":"A000129057","price":"682"}]

    セーフモード