欲望産業 上 小説・巨大消費者金融

高杉良

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    大手都銀の帝都銀行・元常務の大宮紘平は、行内抗争に敗れ、系列の帝都クレジット社長の座も追われようとしていた。かつて頭取候補と目され、カード業界で大宮旋風と言われる拡大路線を展開したその経歴と手腕に目をつけたのは、消費者金融最大手・富福のオーナー社長、里村栄一だった。が、大宮を待ち受けていたのは、富福の驚くべき企業体質だった。消費者金融の絶頂期を克明に描き、その後の凋落を予言した傑作経済小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード