月に願いを 姫は、三十一 7

著者:風野真知雄

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    静湖姫は、独り身のままもうすぐ三十二歳。そんな折、ある藩の江戸屋敷で藩士百人近くの死体が見付かる。調査に乗り出した静湖が辿り着いた意外な真相とは?そして静湖の運命の人とは!?衝撃の完結巻!

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    9
    5
    1
    4
    2
    3
    4
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/06Posted by ブクログ

      最終巻にして、開闢以来の凶事という最大の謎に対する。解きようがないと思われた謎を解くカギは、人の業というものだった。その謎を解き、最後の敵との対決。
      この巻でテーマとなった、人の業の愚かさを訴えること...

      続きを読む
    • 2018/05/11Posted by ブクログ

       江戸時代コメディミステリ(?)「姫は、三十一」シリーズの最終巻。メインプロットの「藩士102人大量殺人」の真相はいくらなんでも無理があり、これという盛り上がりもなく、なんとなくネタ切れでやる気をなく...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/03/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード