人斬り半次郎 幕末編

池波正太郎

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「今に見ちょれ。俺はこの腕一本できっと……」。半次郎の口ぐせだった。姓は中村、鹿児島城下の藩士に〈唐芋〉とさげすまれる貧乏郷士の出ながら剣は示現流の名手、精気溢れる美丈夫で、性剛直である。時は幕末、ふとした機縁で西郷吉之助に見込まれ、国事に奔走するが、卓抜の剣技は血なまぐさい暗殺を重ね、〈人斬り〉の異名は、次第に高まってゆく。激動する時代の中に一快男児熱血の半生を描く、傑作小説の前編。

    続きを読む
    • 人斬り半次郎 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      人斬り半次郎 全 2 巻

      1,628円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/03/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/12/10Posted by ブクログ

      中村半次郎(桐野利秋)の物語。彼は芋侍と呼ばれた下級武士の時代から新政府の陸軍少将にまで出世した。賊将編は、政府を西郷隆盛と去り、鹿児島でなくなるまでの話。細やかな薩摩の景色の描写が彼の生まれ育った土...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/09/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A000128803","price":"858"}]

    セーフモード