【最新刊】ひとり吹奏楽部 ハルチカ番外篇

「ハルチカ」シリーズ

6冊

著者:初野晴

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈ハルチカ〉シリーズ番外篇が文庫書き下ろしで登場!捨て犬をめぐり後藤朱里とカイユが奮闘する「ポチ犯科帳」。芹澤直子と片桐が駄菓子屋でお婆さんの消失に遭遇する「風変わりな再会の集い」。謎のアルバイトをしている名越をマレンが危惧する「巡るピクトグラム」。そして副部長になった成島美代子がかつての吹奏楽部の活動日誌に思いを馳せる「ひとり吹奏楽部」。運命的に集まった、個性豊かな吹奏楽部メンバーたちの知られざる青春と謎を描く、贅沢な番外篇!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 「ハルチカ」シリーズ 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      「ハルチカ」シリーズ 全 6 巻

      3,938円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    3.9
    106
    5
    25
    4
    55
    3
    26
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/09/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/03Posted by ブクログ

      番外編だけあって、普段は一人称で語ることが少なくレギュラーメンバーたちの本心が語られていて面白い。
      みんな良い子で、青春だ。

    開く

    セーフモード