バチカン奇跡調査官 二十七頭の象

著者:藤木稟

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バチカン美術館の絵画の前にマリア様が現れて預言をするらしい――新たに取り組むことになった奇跡調査の内容に拍子抜けする平賀とロベルト。だが預言の噂はやがて、世界を混乱に陥れる事態となり……!?

    続きを読む
    • バチカン奇跡調査官 全 19 巻

      未購入巻をまとめて購入

      バチカン奇跡調査官 全 19 巻

      14,454円(税込)
      144pt獲得

    レビュー

    3.1
    20
    5
    0
    4
    5
    3
    12
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      最初読んでて、なんか頭の中がゴッチャゴチャになったよ
      いつもの2人の奇跡調査かと思いきや、
      方やなんかローレン出てきてあーだこーだ
      2つの話が全然リンクしないまま最終章
      きれいに最後はまとめますねぇ〜...

      続きを読む
    • 2019/12/06Posted by ブクログ

      図書館で。
      う~ん。フィオナさんと大尉?は嫌いじゃないけど長編でガッツリ来られるとなんか…違和感。ヒラガ達とどういう形で繋がるのか微妙に最後ゴリ押しのような感じだったし。

      ローレンは…正直どうでも…...

      続きを読む
    • 2019/11/22Posted by ブクログ

      今回活躍するのは心理捜査官のフィオナとカラビニエリのアメデオ。平賀とロベルトの登場は控えめでした。話の構想上、そうならざるを得なかったのかもしれませんが、今回は話の展開のテンポがあんまり良くない気がし...

      続きを読む
    開く

    セーフモード