バチカン奇跡調査官 終末の聖母

著者:藤木稟

864円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

メキシコのグアダルーペ寺院に、枢機卿の代理として派遣された平賀とロベルト。式典の挨拶だけのはずが、突然宙に浮いた十字架が目の前に現れた。奇跡を目の当たりにした彼らは、調査を開始する。

続きを読む

レビュー

3.5
48
5
6
4
17
3
21
2
4
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/03/10Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2019/02/28Posted by ブクログ

    刺繍のくだりは面白かったんだけど、後半の数学とか天文学の話が続くのがしんどかったー。最後の展開はそんなバカな(笑)って感じ。もうそれは奇跡なのではと思ったけどものは考えようだな。話が大きくて理解が追い...

    続きを読む
  • 2019/02/04Posted by ブクログ

    今回はさらに薀蓄が……(汗)
    本の厚さも一番厚くないですか?

    宇宙とかにまで話が飛び出すし、種の起源とか、確かに聖書的に言えば、創世記との絡みもあるかもしれないのですが、話が途方もない&突拍子すぎて...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード