鼠、江戸を疾る

著者:赤川次郎

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「表」の顔は、〈甘酒屋次郎吉〉と呼ばれる遊び人。しかし、その「裏」は、江戸で噂の盗賊・鼠小僧。一介の盗賊に過ぎないが、正義とやらにこだわって、一文にもならない事件に首を突っ込んでしまう。それもみな、江戸が故郷だから。この町で暮らす人々の幸せを見るのが何よりも好きだから――。今日も妹で小太刀の達人・小袖とともに、ひたむきに生きる庶民を助け、力を振りかざす強きをくじく。痛快エンタテインメント時代小説「鼠」シリーズ第1弾!

    続きを読む
    • 「鼠」シリーズ 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「鼠」シリーズ 全 10 巻

      5,808円(税込)
      58pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/10/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/03/19Posted by ブクログ

      ドラマの続編があるというので、久々に読んだ第6弾。相変わらずいい味出してます。短くて読み易いのは赤川さんならではですね。

    • 2014/05/08Posted by ブクログ

      久しぶりに読んだ鼠シリーズ。初期の凄惨さは薄れ、なんだかずいぶんほのぼのした感じになっている。次郎吉も本業はどこへやら、人助けに精を出す「いいお兄さん」になってるし。いや別に不満なわけではないけれど。...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000128704","price":"550"}]

    セーフモード